エンタメ情報を中心に、芸能人やスポーツ選手の旬な情報を紹介します。また、日常で使える知って得する情報も掲載中です!

トレンドニュース得情(とくじょう)!

ドラマ

【明日ママがいない】感想と批判への考え。第1話第2話第3話を見て

投稿日:

皆さんこんばんは。
本日はトレンドニュース得情(とくじょう)!
へのご訪問ありがとうございます。

この記事をご覧になっているあなたは
きっとドラマ『明日、ママがいない』に
関心を持つ方だと思います。

第3話終了まで、当ブログでも
『明日ママがいない』のキャスト子役の紹介記事を提供してきました。

第1話放送後から何かと話題になっているこのドラマ。
今回は今までと趣向を変えて
第1~3話を見て感じた管理人の感想を書いていこうと思います。

あくまで管理人個人の感想ですので、
適当に読み流していただければ幸いです^^

 

「明日、ママがいない」の感想・批判への考え。

私はドラマ「明日、ママがいない」は
ドラマとして私は純粋に面白いと感じています。

 

この感想は第1話から変わりません。

 

芦田愛菜ちゃんをはじめとする
子役の皆さんの演技、本当に素晴らしいなと思います。

 

ドラマを見る前は、
ちょっと暗くてシリアスな感じのドラマなのかな?
と想像していたのですが、蓋を開けてみればそんな事は全くなく
むしろコメディ要素もふんだんに取り入れていて第3話終了まで
毎回必ず心が温かくなるドラマだなーと思いながら見ています。

 

非難の対象となっている魔王の
「お前たちはペットと同じだ!泣け!」
と言うようなセリフには初めはちょっと驚いてしまいました。

 

しかし、ドラマを見ていく中で
次第にそのセリフを放った魔王の事も
とても好意的な視点で見られるようになりました。

 

今では「またまた魔王ったらそんな事言って!
本当はあなたがとても優しくて良い人なのは知ってるのよ♪
」みたいな感じでドラマを見ています。笑

 

あれもドラマを面白くするための1つの要素として
かなり有効な演出となっていますよね。

 

ドラマ終了後には、
「最初は魔王をとても酷い人だと思っていたけど、
何だかんだ魔王は子供たちのことを考えていて優しい人だったなー」
と言う感想が溢れかえっているんじゃないかな?とも思います。

 

第2話でシャンプーの件にしても
第3話の夕飯のカレーライスの件にしても
本当に子供たちが憎くて”虐待”をしているだけなら
そんな行動はまず起こしませんよね。

 

夕飯だってわざわざ魔王が作る必要もないんですから。笑
本当に虐待が目的なら夕飯抜きで言い訳です。

 

カレーライスを食べながら泣いている
オツボネちゃんのシーンは本当に良かったなーと思います。

 

私も泣きながら食事をした事があります。
泣きながら食べると本当に味わからないんですよ。笑

 

「味、、わかんない、、、涙」
と言うオツボネちゃんの言葉にとても共感しました。

 

そして、子供たちにカレーを
大量に残された魔王に対してとても同情しました。笑

 

料理を残されるのって実は本当にショックだったりしますからね~。
普段料理をしない男性であれば尚更ショックだと思います。笑
後編に続きます。

 

 


スポンサードリンク
 

 

ここから後編。

 

私が思うに、批判の対象となるシーンやセリフは
魔王と言う人物が多く絡んでいるように思います。

 

確かに子供達をペット扱いする発言は言葉の暴力です。
子供達の心は、言葉の暴力によって深く傷つけられます。
この事は、子供と言う時代を経験した人なら理解できると思います。
なので、ほとんどの視聴者の方は理解できている事だと思っています。

 

しかし、視聴者の感想を実際に見てみると
ニュースで流されるような批判の感想ばかりでは無いことが分かります。

これは多くの視聴者が
「あくまでドラマはフィクション」と理解しているからでしょう。

 

今は誰でもインターネットを使って簡単に情報発信ができる時代です。
mixiやFace book、Twitterなどでは多くの感想を見ることができます。

 

一概にこの状況が良くなった・悪くなったとは言えませんが、
情報を受け取る側の人間が
「自分たちで情報を選べる」時代になったのは良い事だと思います。

 

今回の「明日、ママがいない」の件だって、
20年前の環境だと「ドラマに避難が殺到している」
と言う情報しか受け取れない可能性だってあります。

 

ドラマを避難しているのが
視聴者の一部であったとしても、
マスメディアから情報を受け取る事が
主流の時代であれば私たちにはその情報の真偽を確認する術がなく
その情報を事実として受け入れるしかない訳です。

 

今回の件で言えば、Twitterなどのツールを通じて
「非難の声も確かにあるけど、
ドラマとして楽しんでいる視聴者が圧倒的に多い」
と言うことを私たちは自身の目で見て判断でき、
どの情報を真実とするかを自分たちで選択できます。

 

もちろんSNS利用者の年齢層に偏りがある為、
SNSでの大多数の意見=視聴者の意見とはなりえませんが参考にはなります。

 

長々と書いてしまいました。
結局のところこのドラマを見て楽しめるか、楽しめないかは

 

・ドラマを楽しめる視点で見ているのか?
・現実と関連付けた視点で見ているのか? で違ってくるのだと思います。

 

ドラマの批判や放送中止を訴えている視聴者は、
現実世界で起こりうる問題や子供達の影響などを
本当に真剣に考えていらっしゃるのだと思います。

 

私はこれをとても素晴らしいことだと思いますし、
そういう視点で物事を捉えられる人物はとても尊い存在だと思います。

 

しかし、私個人の感想としましては
ドラマの内容変更もして欲しくありません。

そして、最後まで
「明日、ママがいない」と言うドラマを楽しみたいと思っています。

 

この感想を見て不愉快な気持ちになられる方もいらっしゃると思います。
純粋に「ドラマをドラマとして楽しんでいる人も大勢いる」と言う事実を
知っていただければと思い、ブログを通じてこうしてお話させていただきました。

 

ダラダラと長く書いてしまい
結局何が伝えたいか分からなくなってしまいましたね・・・。

 

こんな駄文に最後までお読みいただきありがとうございました。
また、読者の皆さんの意見もお聞きしたいと思っています。
もしお時間に都合があれば一言だけでも良いのでコメントなど頂けたら幸いです。

 

 

動向が注目されるドラマ「明日、ママがいない」
第4話は 2月5日午後10時より放送です。

 

当ブログでは、主演を演じる芦田愛菜さんをはじめ、
ドラマに出演する子役・出演者の紹介記事を多数ご用意しています。

 

もし、興味がある読者の方は是非ご覧になってください^^
「明日、ママがいない」まとめ記事はこちらをクリック!

 

-ドラマ

Copyright© トレンドニュース得情(とくじょう)! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.